年の瀬にごめんなさい。教えてください…延命措置の事。。

日記 comments(5) trackbacks(0) あきママ

父の容態が悪く、延命措置の判断をする為に長崎に行ってきます。。
延命措置をするのか、しないかの判断を求められています。
教えてほしいです。どうしたほうがいいのか…
命の長さを決めかねています。
昨日、父が肺炎にかかり、娘の私に延命措置をするのかどうなのか
判断を迫られて来ました。今から長崎に向かいます。

父は83歳…本人は延命措置を希望していないようなのですが…
本当の事はよくわかりません。電話だけではわからず
今日、様子を見に行ってから決める事にしました。

今まで、他人事だった延命措置…
自分に命の長さを選ぶ事が出来るのか。。。重くのしかかって来ます。

もし、同じような事を経験した方がいらしたら教えてください。
年の瀬に重たい話ですみません。。。

ガクジャムの新年の挨拶とお友達の所には
帰って来てからゆっくり伺いますね。
コメント一覧

あきママさん、大丈夫ですか?

私自身、経験はありませんが私があきママさんと同じ状況に落ちた場合、私の父も延命措置は希望していません、なので、父の希望する通り延命措置は行わないと思います。それが父の寿命だと思っています。
また、仕事柄、ご家族方に延命措置はどうされるかと聞くことが何度かありました。ご両親が恒例になればなるほど、延命措置は望まれていませんでした。その代わり、その方の命が尽きるまで精いっぱい出来ることをされており、最後は笑顔で見送られてた方が多くおられました。
どんな形にしろ、あの時はこうすれば…との思いは残るかもしれませんが、お父様がどう望まれているか、延命治療のメリット、デメリットなどよく聞かれ、判断されればいいとおもいます。

役に立たずすみません。

  • ラムままさん
  • 2011/12/31 9:44 AM

突然すみません!

ウチは今年父を亡くしました。
16年介護して最後はやはり、延命措置しますかと聞かれて、本人も元気な時から望んでなかったので希望しませんでした。

ただ家族は父の側で16年間の闘病生活の思い出や、ありがとうと耳元で
いっぱい話しました。

参考にはならないけど、頑張ってください。

  • デブリン1号さん
  • 2011/12/31 11:17 AM

難しい問題です。
ちょうど9年前
病院で父が亡くなりました。
暫く入院していて、いよいよ
準備が整い手術にあたって
先生からの説明を家族揃って
聞きに行く予定になっていたのに
突然意識がなくなり
延命をする為の器械を使用するかどうか
その場で聞かれました。
一度装着してしまうと途中で外す事はできないと聞いてはいました。

父は70歳だったんですが、
もういいですと母と弟、そして私は
返事をしました。
側にいたおじは私達の
早い判断に少し戸惑った顔をしていたのを今でも忘れられません。

私は、入院中、毎日病院に通っていた母の事を一番に考え
必ず助かるのなら延命をお願いしたとおもいますが、
器械をつけていつまで続くか分からない時間を母が引き受けるのは
つらいと思い、
延命を考えませんでした。
その話をあらためて弟とはしたことはありませんが、
多分弟も同じ考えだったのでは
ないかと思います。

それぞれ状況がちがうので
必ずしも正解があるとは
おもえませんが、
我が家はそうしました。


今年のお礼のごあいさつにお伺いしましたが・・・・
難しいテーマですね。
私も父と義父をなくしましたが
自然のままでした。それが寿命だったと信じています。
延命処置が当人にとってはどのようなことなのか また周りの方たちにとっては・・・・。
難しくって答えが出ません。ごめんなさいね。では また 伺います。
お葉書もありがとうございました。

  • 桃ママさん
  • 2011/12/31 10:43 PM

☆ラムままさんへ
ありがとうございます。先ほど帰ってきました。
心配してたよりも意識もしっかりしていて、
話も出来るように持ち直してくれていました。
まずは、人安心です。延命措置の事は望まないとの事で
先生と話してきました。車で走りながらラムままさんの
コメントやみなさんのコメントに励まされていました。
本当にありがとうございました。


☆デブリン1号さんへ
コメントありがとうございます。
16年の歳月本当にお父様もご家族もお疲れさまでした。
ありがとう…お声をかけたお気持ちわかります。
私はそれと…ごめんなさいが入ります。
親孝行をしていないから…(泣)今からでも頑張ります。。
参考に大変なりました。ありがとうございます。


☆ココアママさんへ
延命措置の事を先生に聞いて来ました。
病院に行くまで漠然としていて、わからなかったのですが
聞いてみると延命措置といっても、眠ってしまうので
私的にはそのクダを通した瞬間が、死亡したような気持ちに
なりそうだと思いました。話せる状態の今は
絶対に延命措置はしたくなかったです。
ココアママさんのコメントも大変元気づけられました。
まずはひとまず峠を超えてるようなので…
でも、余談はないのかもしれません。父の気力にかけるしかないですね。
本当にコメントありがとうございます。


☆桃ママさあんへ
年の瀬に重い事聞いてすみませんでした。
人は必ず命の終わりがくるけど、楽に…って思うのが
家族だと思います。今までの親不孝を挽回したいと思っています。
本当にありがとう。後から挨拶にうかがいますね。

コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM